submenu

TOP| バス関連 MENU|難読バス停

バス関連|難読

くしろバス・又飯時入口

くしろバス又飯時入口バス停

new

北海道には難読地名が多いですが、ここ釧路町はことさらに多い。ただあんまりバス停は無いのですが、なんとかあったのがここ。「またいとき いりぐち」です。

茨城交通・随分付

茨城交通随分付バス停

有名難読バス停にようやく行けた、という感じです。「なむさんづけ」と読みます。

会津バス・耻風

会津バス耻風バス停

ん? と思わず目が止まる知らない文字。「はじかぜ」と読みます。

西鉄バス・和布刈

めかり

九州門司市にありますこの地名は、ひらがなだとパーキングエリアの名称にもなっていますし、割と有名かもしれません。「めかり」と読みます。

西鉄バス・上八

こうじょう

ぶらぶらと車を走らせていて、予備知識無く変わった地名に遭遇するのは嬉しいですね。どうやったらこれを「こうじょう」と読めるのでしょう。

佐賀市営バス・咾分

おとなぶん

なるほど、口が老いるのは大人なんですね、ってそういう解釈でいいのかな、これ。「おとなぶん」です。

日ノ丸自動車・出雲郷

あだかえ

これは横綱級。「いずも」に惑わされるからどうのってレベルじゃありません。「あだかえ」と読みます。不思議なことに近所にある郵便局は同じ文字で「あだかや」と読むようです。阿太加夜神社があることから、由来はそのあたりにあるのでしょうけれど……けれどさあ……。

関東自動車・東汗

ひがしふざかし

この地名を最初に聞いたのは、近所に住んでいた親類からでした。えっ? って聞き返したよ。「ひがしふざかし」と読みます。

大洗町循環バス・髭釜

ひいがま

アニメの聖地巡礼をしている方にはお馴染みかもしれませんね。

ちばレインボーバス・行々林入口

おどろばやしいりぐち

これで「おどろばやしいりぐち」と読みます。何をどうしたら「行々」が「おどろ」になるんでしょう。

JR四国バス・神母ノ木

いげのき

親切にバス停にふりがながあったおかげで気づきました。「いげのき」です。

大島バス・下地

くだっち

島のバス停らしい名前かもしれません。「くだっち」です。

小松バス・観音下

かながそ

昭和52年まで走っていた尾小屋鉄道にも同名の駅名がありました。「かながそ」と読みます。

根室交通・穂香

ほにおい

もう北海道の地名で驚くようなのはほとんど無いと思っていたのですが、思わぬ刺客が……。まさかこれで「ほにおい」と読むとは……。

千葉中央バス・小食土

やさしど

「やさしど」という不思議な名前。

小湊バス・南白亀小学校

なばきしょうがっこう

「なばきしょうがっこう」です。無理して「なん・ばく・き」って縮めればそう読めなくも無いですが……

山梨交通・西広門田橋

かわだばし

現在はありません。私が甲府に住んでいた1980年代後半に撮影したものだと思われます。今では有名になってしまいましたね。「かわだばし」です。どうして「西広門田」が「かわだ」なのよ。

沖縄バス・為又

びいまた

「B又」なんて書いてるお店も、ここにありました。「びいまた」です。

琉球バス・具志頭

ぐしちゃん

以前の町名から私「ぐしかみ」だと思ってたんですよね。ところが、これは「ぐしちゃん」と読むのでした。

那覇バス・保栄茂

びん

さあてお立会い。これぞ、西の難読横綱です。知らなきゃ読めない、知ってても「なんで?」が消えない、超絶難読地名です。沖縄は難読が多いけれど、これは格別ですね。
保栄茂と書いて「びん」と読みます。

ミヤコーバス・十八成

くぐなり

「くぐなり」です。著名な海水浴場があるんですね。宮城県の牡鹿半島にあります。

ミヤコーバス・箟岳駅前

ののだけえきまえ

駅前、ということは、こんな難しい名前の駅があるってこと? そうです、ここは「のの岳」駅前です。

庄内交通・文下口

ほうだしぐち

「ほうだしぐち」。しみじみ難しいです。

丹海バス・間人

たいざ

蟹もいますしね。ちょう有名かもしれませんね。「たいざ」です。

南部バス・泥障作

あおづくり

これも有名でしょうか。なにげなく車で走ってて発見しました。「あおづくり」。

秋田中央交通・牛坂

べこざか

これは、有名かもしれないですね。「べこざか」。方言が元だから、地元の人にしてみれば、なんてことないバス停かもしれない。

羽後交通・海士剥

あまはぎ

難読というよりは、なんちゅう名前だ、と思わず呟いてしまいます。いったいどんな歴史があるのでしょうか。「あまはぎ」ですね。

茨城交通・木葉下

あぼっけ

「あぼっけ」。読めませんよう。

関東鉄道バス・月出里

すだち

もしかしたら有名かもしれないな。でも、この字面は美しいですよね。「すだち」です。

ちばレインボーバス・神々廻

ししば

これも、私の家の近所シリーズだなあ。読めないよなあ。「ししば」とは。

小湊バス・二十五里

ついへいじ

「ついへいじ」と読みます。これ漢字変換ソフトを使うと、「廿五里」ってちゃんと変換するんですよね。有名な地名だったのかなあ。でも、読めないよね。

西東京バス・人里

へんぼり

これは、もう有名かなあ。東京都内ってのもちょっと凄いんですけれどね。 はい、「へんぼり」です。

山梨貸切自動車・七五三石

しめいし

わかる人にしてみればさして難読でもないとは思いますが。「しめいし」です。

増穂町営バス・舂米上

つきよねうえ

現在は「舂米」と書くようですが、バス停は旧字体で余計に難しく。「つきよね」です。「上」は「かみ」なのか「うえ」なのかはちょっとわかりませんでした。

山梨県中道町営バス・右左口

うばぐち

少し前までは山梨交通が運営していたのですが、町営バスに移管されました。「うばぐち」と読みます。

新潟交通北・雲母

きら

温泉がありますので、有名だと思いますが。やっぱりこれ、美しいし、読みとその理由を知ると、ほおと感心してしまいます。「きら」です。

三好町さんさんバス・福谷公民館

うきがいこうみんかん

福が来るときっとウキウキするのでしょう。なので、これは「うきがいこうみんかん」です。

カモンバス・小田

やないだ

コネタで「ネズミがかじった地名」として紹介いたしました。バス停に振り仮名があったときは凄くラッキーだと思いました。ちなみにこのバスは、前もって予約を電話で入れると迎えに来てくれる、オンデマンドバスなのです。

copyright by office SAMPOYA