submenu

TOP| 船舶 MENU|船舶 渡し船

船舶|渡し船

まず最初に。
渡し船と言ったら、大阪市にたくさんあるはずなのに、ひとつも掲載してないじゃないか! って怒られそうです。
はい。すみません。もちろん知ってはいるのですが、まだ一部しか訪問できていません。ただ、有名どころなので他のサイトさんでたくさん写真が見られるし、ひとまずはそちらで……なんて。
このページを作った目的は、人知れずひっそり運行されている渡船、頑張ってるよという証です。wikipediaが記事としては充実していますが、写真はあんまりなかったし、ましてや渡船の看板や標識にスポット当てる人なんてなかなかいそうになかったので、私が……みたいな話です。需要も多くないと思いつつ、でもでもきっとお好きな人にヒットするに違いないと。

小堀の渡し(茨城県取手市)

「小堀」と書いて「おおほり」と読むのは不思議な感じです。有料で、領収書は記念券タイプ。観光客も乗せる「遊覧船」的な意味もあるようです。それでいて、付近を走る道からは非常にわかりにくい。堤防の向こうにひっそりある、という感じです。……総じて渡し船は場所がわかりにくいですが。
三点を結んでいる、というのもちょっと珍しいかもしれません。

島村渡船(群馬県伊勢崎市)

先の「小堀の渡し」もそうですが、河川の改良により、分断されてしまった地域を結ぶ、という意味合いもあるようで。ここは何度か訪れましたが、いずれも増水のために運休していました。待ち合わせの小屋は、「川の駅」として観光パンフレットなども置かれています。

赤岩渡船(埼玉県熊谷市〜群馬県邑楽郡千代田町)

「船を利用して群馬県側に渡りたい方は、土手下の待合所に設置してあるポールの黄色い旗を上げて下さい。」これが、船に乗車希望を伝える合図です。なんと素敵なのでしょう。ここは、渡船場までバスが来ています。

富田渡船(千葉県香取市)

渡船に興味を持って、最初に訪れたのが、ここ富田渡船でした。しかし、なかなか見つけることができず、本当にあるの? と疑うほどに。却ってそれが故に、見つけたときには、「こんなにひっそりと運営されているなんて!」と感動したのでした。
残念ながら2013年の3月をもって85年間の歴史を閉じました。

矢切の渡し(千葉県松戸市〜東京都葛飾区)

「渡し」と聞いて、まっさきにここをイメージする方は多いと思います。それほどまでに、ヒット曲というのは、人々の心に住み着くのですね。歌謡曲の華やかなイメージとは違って、地味に、密やかに運行されている感じです。ただ、他の渡船と比較すればかなり乗客も多いですし、観光地化していると言えるかとは思います。

富山県営渡船(通称)越ノ潟フェリー(富山県射水市)

ここはある意味「鉄道代替フェリー」とも言えます。過去には、このルートを鉄道が抜けていました。今でも越ノ潟方には、高岡駅までを結ぶ万葉線のスマートな電車がやってきています。堀岡側には、富山地方鉄道射水線がありましたが、1980年代に廃線となりました。万葉線に乗ってると、ああ、射水線ってこんな感じだったのかなーなんて想像できて楽しいです。
このフェリーですが、ルートの真上に巨大な橋が建設中です(最後の写真)。これが完成したらフェリーはなくなってしまうのではないか、と言われています。んー、しかしあの橋、見上げるほどに高く立派です。今のように自転車の少年や、徒歩のおばあちゃんが気軽に乗れるフェリーの代わりになるのかなあなんて思ってしまいます。
(注)その後、橋は完成しましたが徒歩で通過すると揺れすぎるなどの問題があって補修工事を行ったり、結局かなりの遠回りを余儀なくされるなどの理由から継続して渡船は営業を続けています。私は共存でよいと思うのですよね。

越の潟

堀岡

塚間の渡し(静岡県静岡市清水区)

名前からするイメージとは違って、近代的な「水上バス」が運行されています。私、何か間違って来ちゃったのかなあと思ったのですが、水上バスの待合室に「塚間の渡し」についての説明が貼ってあったので、ここでよいのでしょう。たぶん。

井川湖渡船(静岡県静岡市)

鉄道マニアにおなじみの大井川鉄道の終点「井川」から、湖を渡る船が出ています。
観光客もウェルカムな感じの案内看板や表示ですが、たどり着く先「井川本村」は、ごくごく普通の小さな集落です。ダイヤもぐるっと回ってダムに帰ってこれるようになっていますね。

中野の渡し(愛知県一宮市〜岐阜県羽島市)

看板にあるように正確には「西中野渡船」というようです。愛知、岐阜周辺にはいくつもの渡船があったのですが、2011年3月に3つがまとめて廃止になってしまい、急に寂しくなってしまいました。廃止になった渡船については、このページ下のほうに写真掲載しています。

小紅の渡し(岐阜県岐阜市)

観光ガイドマップにも載ってると聞いていましたので、矢切の渡しのような賑やかなイメージをしたのですが……。実に密やかに、でも生活に密着した感じで運行されていました。私は写真が撮りたかっただけで、乗るつもりは無かったのですが、船頭さんは「今日はちょっと水位が高いから見合わせてるんだ」とおっしゃいました。

尾道渡船・駅前渡船など(広島県尾道市)

尾道もまた、渡船文化が根付いた町です。駅を降りて向かいの向島に渡る船が何通りもあって、自由に選べる感じがまた素敵です。こういう町はたっぷり一日以上時間をとって散策するのがよいですよね。

鶴江の渡し(山口県萩市)

wikipediaの「渡し船」の項目を参考に、地図で調べたりしながら現地に赴くわけですが、ちゃんと調べてあっても見落とすのが渡船です。ここも、目の前を二度通り過ぎてようやく気づいたという。

長原渡船(徳島県徳島市〜板野郡松茂町)

すでにお気づきだと思いますが、船の写真より、看板の写真が多めです。私は乗り物そのものよりも、周辺の案内図や看板、標識にわくわくするタイプなのでございます故、すみません。

岡崎渡船・黒崎渡船・島田渡船(徳島県鳴門市)

鳴門市には大きく分けて3つの渡船があります。本当はもう一つあるのですが、病院専用とのこと。

岡崎渡船

黒崎渡船

島田渡船

たぶん、この物置が待合室なんだと思うんですが。この時は開いていませんでした。ホントに物置だったのかな。

三津の渡し(松山市営渡船)(愛媛県松山市)

いわゆる「ポンポン船」で運行されています。実に可愛い船です。

県営渡船(高知県高知市)

少し前までは自動車も乗せてもらえたそうで。確かにそんな構造になっています。

廃止・休止された渡船

津宮渡船(千葉県香取市)

2007年3月末に廃止となった、津宮渡船ですが、今でも桟橋の跡や、看板が残っています。撮影は2011年8月です。

葛木渡船(愛知県愛西市)

2011年3月末で廃止。2009年の2月に以下3つの渡船をまとめて訪問しました。いずれも実際には船に乗ってはいません。看板〜と言いながら撮り歩いてました。でも、今となっては撮っておいてよかった、と思います。

森下渡船(愛知県愛西市〜岐阜県海津市)

日原渡船(塩田の渡し)(愛知県愛西市〜岐阜県海津市)

如意の渡し(富山県高岡市〜射水市)

待合室にスタンプもあったことで、知られていた渡船でしたが、橋の完成に伴い、2009年8月2日を最後に廃止となりました。その待合室もキレイに撤去されてしまい、場所が特定できなくなるのも時間の問題かなーなんて思いました。

copyright by office SAMPOYA